ガイアックス「Blockchain Biz」編集長の著書『基本用語から最新規格までをわかりやすく〜ブロックチェーン用語集』、技術の泉シリーズの新刊として発売!

IT
スポンサーリンク

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下ガイアックス)が2016年から運営するブロックチェーン情報サイト「Blockchain Biz」の編集長、峯 荒夢による著書の出版が決定しました。「基本用語から最新規格までをわかりやすく~ブロックチェーン用語集」として株式会社インプレスR&Dの技術の泉シリーズの新刊として発売されます。
また、9月22日に池袋サンシャインシティで開かれる技術書の祭典「技術書典7」では、著者の峯 荒夢が「さ25D」のブースにて、本書50冊を限定販売する予定です。

●内容紹介
本書は株式会社ガイアックスのブロックチェーンの情報サイト「Blockachain Biz」編集部によるブロックチェーンの用語集です。基本用語から技術トレンドまでを幅広く網羅しており、仮想通貨やスマートコントラクトなど様々な場面で活用が進むブロックチェーンの用語を丁寧に解説しています。(本書は、次世代出版メソッド「NextPublishing」を使用し、出版されています。)

『基本用語から最新規格までをわかりやすく〜ブロックチェーン用語集』
https://nextpublishing.jp/isbn/9784844378099

著者:峯 荒夢
小売希望価格:電子書籍版 2400円(税別)/印刷書籍版 2600円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
印刷書籍版仕様:B5判/カラー/本文168ページ
ISBN:978-4- 844378099
発行:インプレスR&D

・目次
1. 基礎技術
2. アルゴリズム
3. ブロックチェーンの種類
4. 仕組みに関する用語
5. 規格に関する用語
6. 機能に関する用語

・著者紹介

峯 荒夢(みね あらむ)、シェアリングエコノミーに注力する株式会社ガイアックス開発部のブロックチェーン担当マネージャー。シェアリングエコノミーを支える最も重要な技術としてブロックチェーンに取り組む。ブロックチェーンで応援を力に変えるサービスの「cheerfor(チアフォー)」や、Facebook社を中心に開発が進んでいるLibraを使ったプロトタイプの開発を行っている。社外では、ブロックチェーンの国際標準を検討するISO/TC307国内検討委員にも名を連ねている。

・販売ストア
電子書籍: Amazon Kindleストア、楽天koboイーブックストア、Apple Books、紀伊國屋書店 Kinoppy、Google Play Store、honto電子書籍ストア、Sony Reader Store、BookLive!、BOOK☆WALKER
印刷書籍: Amazon.co.jp、三省堂書店オンデマンド、hontoネットストア、楽天ブックス
※ 各ストアでの販売は準備が整いしだい開始されます。
※ 全国の一般書店からもご注文いただけます。

●ガイアックスについて
ガイアックスは2015年からシェアリングエコノミーやソーシャルエコノミーに注力してきました。ブロックチェーンは以下の理由からシェアリングエコノミーを支える技術として相性が良いと考え、また研究を続けてきました。

・データの真正性:
ブロックチェーンで記録されたデータは改ざんが極めて難しいため、一度書き込まれたデータの中身は改ざんされることなく残り続けます。
・中間搾取の排除:
ブロックチェーンを使い、仕組みを自動化することで、中間手数料を極限まで排除出来ます。
・検証可能:
すべてのデータは確認できる状態でブロックチェーンに記録されているため、ブロックチェーン上では不正の痕跡を完全に消すことが出来ません。たとえ不正があったとしても検証可能です。

シェアリングエコノミーのサービス提供だけではなく、裏側の技術面でもシェアリングエコノミーを支えられるように努めます。またビジネスに即した、ブロックチェーン技術のお発信する「Blockachain Biz」も、引き続きブロックチェーンが広く社会にいち早く浸透するよう活動を続けていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました